糖尿病にかかるとどれくらいの医療費が必要になるのでしょうか。

糖尿病はコントロールのできる病気ですので、食事療法や運動療法により治療が行える程度であればひと月2千円から5千円程度で済みます。

しかし、症状が悪化してしまうとインスリン治療が必要になってきます。

そうなると、月1万円と高くなってしまいます。

さらに糖尿病から引き起こる合併症が発症してしまうと治療費も跳ね上がり、三つの合併症が同時に発症すると、月5万円もかかってしまうのです。

年にすると60万円ととても高額な治療費をなってしまいます。

そこで治験で糖尿病治療を受けるという選択肢もあります。

治験患者となる事で費用の負担が軽減します。

さらに、治験では最新の治療も受けることが可能なのです。

定期的な検診も受けられるので十分な検査を行ってくれるのです。

ボランティアとしてお願いしているところもあれば、謝礼を渡すとこもありますがどちらにせよ、医療費の負担は通常よりは軽くなるのです。

少し心配な気持ちもあるかと思いますが、一度きになる方は話を聞いてみるのも良いでしょう。

糖尿病は、その症状から治療法が大きく変わり日常の生活で治療する程度で済む症状もあれば、注射を毎日自分で行わなければならない方もいます。

さらに、合併症を引き起こしてしまうと月何万という費用がかかってしまいます。

そこで多くの病院で募集をしている治験によって治療を開始する方法もあります。

糖尿病の治験は決められたスケジュールの中での通院治療となり、医師の指導の元、決められた薬を服用します。

最新の治療を受けられ、一般の治療よりもよりフォローやアドバイスを受けることができるのです。

もちろん、誰でも治験が出来るという訳ではなく決められた条件があります。

例えば、20歳以上の男女で決められた都道府県に在中し、指定の医療機関に通える方を対象とし、さらに2型糖尿病と診断を受けた方で血糖値130~280mg/dlの方とさらなる細かな制約もあります。

もちろん、他の条件でも募集をしていますので、気になる方は調べてみて下さい。

糖尿病の治験を受けるならこちらへ

こちらのサイトのように、治験のボランティアを募集しているサイトもあります。

ここから、条件を探す事や応募する事も出来ます。

どちらにせよ、糖尿病にならない健康な体作りをしていくことが大切となります。


Comments are closed.